食のこだわり



イケスで元気に泳いでいる伊勢えびを豪快にさばきます。お客様が着席してからさばくので、卓上でもヒゲが動くほど新鮮です。透明感のある美しい身はプリップリの歯ごたえに、舌に乗せると甘みが広がります。鹿児島特有の甘いお醤油をお出ししていますが、ご希望で関東風のお醤油もお出しいたします。
伊勢海老の味噌汁
たち割った伊勢海老の頭を煮込んだ味噌汁。伊勢海老のダシとエビ味噌が汁に溶け出して濃厚な味わいです。焼酎を楽しんだあとの締めくくりにいただくと体にしみわたります。
伊勢海老の潮ゆがき
活きてる伊勢海老をきれいな海水で茹でるシンプルな料理ながら、伊勢海老の身・ミソと美味しさを余すことなくいただけるとお客様に大好評の料理。鮮度が命なのでお客様が席に着いてから調理します。
鹿児島・ご当地の味もお楽しみください。
伊勢海老との食べ比べも楽しいお刺身

伊勢海老の他にも地元のきれいな海からの恵み、獲れピチの海鮮が楽しめます。
伊勢海老と食べ比べながら味わえば食の楽しみがさらに広がります♪
枕崎カツオのタタキ 500円
隣町の枕崎はカツオの一大水揚げ地。新鮮なカツオを召し上がれ!
平目の舟盛 4500円(4人前)
平目の刺身はもっちもち!当館特製の黒酢入りポン酢も好評です。
鮑の刺身 1300円
薄切りでも歯ごたえが気持ちいいアワビのお刺身。
黒豚の軟骨お茶煮
豚肉を焼酎と黒砂糖とお茶でやわらかくとろとろに煮込みました。軟骨もやわらかくコリコリとした歯ごたえが楽しめます。
えい茶ゼリー
お茶の生産がさかんな地元「頴娃(えい)茶」を使ったゼリーは食後のデザートに。客室にも特上の茶葉をご用意しております。
朝食
朝食はさつま揚げやお茶の佃煮付の和朝食。熱した陶板で好みのかたさの目玉焼きをおつくりください。
 
南薩摩の地酒を厳選しました。
いせえび荘がある南九州市頴娃(えい)町は、焼酎芋「黄金千貫(こがねせんがん)」の一大生産地として 焼酎業界では知られた土地です。宿では地元の焼酎や現地でしか飲めない 希少な焼酎を厳選して取り揃えております。また、水割りは何日か前から焼酎を自然水で割り、熟成させた「前割り」をお出ししています。
焼酎呑み比べセット 
(3種/1000円・5種/1500円)

人気の飲み比べセット。3種類チョイスできる呑み比べプランも好評です。
 
黒千代香(くろぢょか)
(2合/1000円)

鹿児島の伝統的な酒器・黒千代香(くろぢょか)で水割りの焼酎を燗する「前割り燗」がお勧め。
当館で味わえる焼酎
■頴娃(知覧醸造)
当館が事務局の町おこしNPO「頴娃おこそ会」プロデュースの焼酎。
西山ファミリー農園の土にこだわった頴娃町産の黄金千貫のみを贅沢に使用。お湯割がおすすめ。

■晴耕雨読(佐多宗二商店)
隠し味に米焼酎をブレンド、芋の風味を抑えつつ芋のボディはしっかりある人気の焼酎。
女性にも飲み易く、ロックもおすすめ。

■不二才(佐多宗二商店)
「不二才(ぶにせ)」とは鹿児島弁で「不細工な男」のこと。その名のとおり武骨な味わい。 昔ながらの芋臭さがたまらない芋焼酎。お湯割がおすすめ。

■富乃宝山(西酒造)
黄麹仕込み。グラスに注ぐ瞬間の香りは軽く、一口ふくんだ時の旨みは深い女性にも飲み易く、ロックがおススメ。

■黒白波(薩摩酒造)
言わずと知れた本場鹿児島の芋焼酎のNO.1ブランドです。黒麹の芳醇な「甘さとコク」が特長。ロックでもお湯割りでも飲みやすい。

■利右衛門 黒(指宿酒造)
日本に初めてさつま芋をもたらした「利右衛門(りえもん)」の名前をつけた焼酎。南薩摩産の黄金千貫を黒麹で仕込み甘味と濃厚でまろやかな口あたりが特長。お湯割がおすすめ。

■桜島(本坊酒造)
焼き芋を思わせる香ばしさと、濃厚なトロリとした甘さと旨さを持つ黒麹の特徴を存分に生かした本格芋焼酎です。お湯割がおすすめ。

スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。